AIR JORDAN 11 RETRO 72-10(378037-002)

 2019-06-28 / 175 view

AIR JORDAN 11 RETRO 72-10(378037-002)
ネーミングが意味するもの
エアジョーダン11レトロ72-10」、この一見ユニークなネーミングはいったい何を意味しているのだろう。それはシカゴ・ブルズが1995年~1996年のシーズンにかけて打ち立てた「72勝10敗」という伝説的な記録を称えているのだ。エアジョーダン11レトロ72-10は、シカゴ・ブルズの代表的なカラーであるレッドとブラックを基調としたカラーウェイだが、細部にいたってはいまだかつて使用されたことのない際立った素材や装飾がいくつかほどこされているという。以下に詳しく見ていくこととしよう。
AIR JORDAN 11 RETRO 72-10(378037-002)
デザインの特徴
従来のエアジョーダン11ではアッパーにはコーデュロイが用いられていた。しかし、今回の72-10は特徴として、いままでエアジョーダン11に採用されたことのないタンブルレザーをはじめとし、ヒールカウンターにはスウェードや、品のあるパテントが使用されている。ここまでに、従来の素材から違うものを取り入れたのはやはり、当時マイケル・ジョーダンとシカゴ・ブルズが打ち立てた82試合中72勝という歴史的偉業をこの上なく称賛するためであろう。そのシーズンにジョーダンが履いていたエアジョーダン11のシルエットをリマスターし、エアジョーダン11の良さをかぎりなく活かしつつ、歴史に名を残す新たなひとつのシューズ作品として誕生したのがこのエアジョーダン11レトロ72-10なのだ。
アッパーは全体としてブラックなカラーリングとなっている。採用されている滑らかなタンブルレザーがなんとも言えない上質感を醸し出しているが、トゥボックスや、マッドガードの上部に用いられているパテントは特有の光沢を放っている。それはどこか、上品ながらもアクティブな要素をひきたてたデザインといえよう。大人っぽさが主張しすぎず、かといってエネルギッシュな部分も維持しているのだ。
そしてもうひとつ注目すべき特徴として、アウトソールのデザインが非常に手の込んだものとなっているのである。カラーとしてはミルキーホワイトがメインとなっており、ソール中央部には赤と黒の網目模様がほどこされ、シカゴ・ブルズらしいアクセントが効いたデザインになっている。また、ミルキーホワイトではあるが若干半透明なカラーリングであるため、大きく描かれたジャンプマンのマークがソールのど真ん中から浮かび上がっているのだ。アウトソールにこれほど強くジャンプボーイが描かれているのもエアジョーダン11レトロ72-10の特徴のひとつといえるだろう。
AIR JORDAN 11 RETRO 72-10(378037-002)
細部にまでわたるこだわり
さらに、ヒールカウンターに見られるジャンプボーイのロゴは従来のエアジョーダンのそれとは少し違っている。メタリックレッドで装飾されたジャンプマンはエンボス加工されており、ただプリントされただけではとうてい不可能な上質なつや感を放っている。それから、ヒールカウンターにはジョーダンの背番号である「23」が刺繍されているのだ。このようなジャンプマンの加工や背番号の「23」など、単なるプリント加工ではなく立体的なデザインとして表現されている点も、エアジョーダン11レトロ72-10が臨場感あふれるシューズとなっている要因なのは間違いない。ファンならぜひ手に入れて、彼の成し遂げた歴史的偉業の一端に触れてみたいところである。
このスニーカーの在庫を確認する

現在出品中の「AIR JORDAN 11 RETRO 72-10(378037-002)」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う