roshe daybreak × fragment design (826669-410)

 2019-08-19 / 183 view



日本のスニーカー文化を担う藤原ヒロシ

日本の誇るファッション・デザイナーと言えば、誰を思い浮かべるだろうか。間違いなく名前の挙がるデザイナーの一人が「フラグメントデザイン」代表の藤原ヒロシ氏だ。1990年代の裏原宿ブームの火付け役であり、日本にスニーカーカルチャーを定着させた人物と言っても過言ではない。また、音楽プロデューサーとしての顔も持ち合わせており、小泉今日子や藤井フミヤといった大物アーティストに楽曲を提供してきた。ハウスミュージックを日本に紹介し、DJとして日本で初めてスクラッチをしたと言われるまさに多彩なアーティストだ。藤原ヒロシ率いるフラグメントデザインは、ナイキやリーバイス、ルイヴィトンなど様々なブランドとのコラボ商品を世に送り出している。特に、ナイキとのコラボ商品は多く、発売された商品にはどれもプレミア価格がつく人気である。また、スニーカー文化を日本に持ちこんだ立役者であることから、ナイキに対して絶大な影響力を持つと言われている。

フラグメントデザインとナイキのコラボ

そんなフラグメントデザインとナイキのコラボスニーカーの一つが「ロシェ デイブレイク×フラグメントデザイン」だ。コラボの元となった「ナイキ ロシェ」は、ナイキ初のスニーカー「コルテッツ」の流れを汲み、ナイロン素材と合成スウェードを組み合わせたアッパーと一体成型によるソールを組み合わせたシンプルなランニングシューズである。デザインは、瞑想や禅から着想を得たとされ、装飾を削ぎ落した洗練された外観が特徴だ。フラグメントデザインがこのロシェの新たなデザインを試みたのは、偶然ではない。コラボモデルのスニーカーと言えば、ストリートで目を引く主張の強いデザインが主流だが、フラグメントデザインは、一見してコラボとは分からないシンプルなデザインが特徴だからだ。しかし、本モデルを見れば分かるように、シンプルながら強い個性が本体に落とし込まれているのが分かる。絶妙な風合いのネイビーカラーと純白のソールの対比は非常に美しく、スウォッシュのサイズ感やヒールの部分のロゴも計算されつくしているといった印象を与える。


無駄を削ぎ落し洗練されたデザイン

フラグメントデザインとのコラボであることを示すのは、ソールの外側にプリントされた商品番号とフラグメントデザインの文字のみ。しかし、カジュアルさやスポーツっぽさといった要素を上手く取り除いたデザインが、フラグメントデザインの真骨頂だ。「ロシェ デイブレイク×フラグメントデザイン」は、コラボしたブランド同士のエゴを取り入れた単なるレアアイテムではなく、上品で日常での実用性を追求した一足となっている。この無駄が省かれ、かつ上品なデザインは、シンプルなコーディネートによく合うだろう。スポーツブランドのスニーカーと奇麗めなスタイルを合わせた場合、スニーカーが浮いてしまうこともよくあるが、「ロシェ デイブレイク×フラグメントデザイン」ならそのような事態は起こらない。スニーカーそのものよりも、全体のコーディネートに合うあなたにお勧めの逸品だ。
このスニーカーの在庫を確認する

現在出品中の「roshe daybreak × fragment design (826669-410)」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う