Pittsburgh Steelers(ピッツバーグ・スティーラーズ)

 2019-01-12 / 86 view

Pittsburgh Steelers ロゴ

スーパーボウル史上最多優勝の名門チーム

1933年に創設されたピッツバーグ・スティーラーズは、NFLの中でも古い歴史を持つチームの一つである。チーム名の「スティーラーズ」は本拠地のピッツバーグが鉄鋼の町であることに由来する。スティーラーズは、6回のスーパーボウル制覇記録を持ち、これは全NFLチーム中で最多である。また、唯一スーパーボウル連覇(1974、1975と1978、1979)を記録したチームでもある。連覇を果たした1970年代は、スティーラーズにとって黄金時代といえる時代であった。当時、鉄壁を誇り、ジャック・ランバートやジャック・ハム、メル・ブラントらを擁するディフェンス陣は「スティール・カーテン(鉄のカーテン)」と呼ばれていた。また、1972年からは6年連続の地区優勝を成し遂げている。2005年と2008年にもNFLチャンピオンに輝き、名実ともにNFLの一流チームの一つである。近年は、守備陣の弱体化が叫ばれており、名門としての復活を賭けた正念場に立たされている。

Pittsburgh Steelers クオーターバック

数々の名選手たち

数々のタイトルが証明するように、スティーラーズは多くの優秀なプレイヤーを輩出してきた。これまでにコーチを含め20人以上が、スティーラーズからNFL殿堂入りを果たした。1970年代の好調を支えたのは、クオーターバック(QB)のテリー・ブラッドショーとランニングバック(RB)のフランコ・ハリスだ。両者は、キャリアを通じて4度のスーパーボウル制覇を成し遂げ、それぞれ1989年と1990年に殿堂入りを果たした。ブラッドショーは、1978年、1979年と2年連続でスーパーボウルMVPを受賞する快挙を成し遂げた。また、ハリスは、1975年の第9回スーパーボウルで当時最高の158ヤードにわたるボールキャリーを成し遂げ、アフリカ系アメリカ人として初めてのMVPを獲得している。
 スティーラーズの現在のエースは、QBのベン・ロスリスバーガー。2004年にドラフト1巡目で指名され、同年に新人王に選ばれた。身長195センチの恵まれた体格を生かした豪快なプレーが持ち味で、「ビッグ・ベン」という愛称で親しまれている。2005年には、前シーズンで引退を考えていたRB、ジェローム・ベティスに「来年、自分がスーパーボウルまで連れていく」と宣言し、達成。先発QBとして史上最年少でのスーパーボウル制覇を成し遂げた。

Pittsburgh Steelers タオル

ファンの熱狂的な応援スタイル

スティーラーズは選手だけでなく、熱心なファンを擁していることでも知られている。熱狂的なファンがテリブルタオル(Terrible towel)と呼ばれる黄色いタオルを振り回して応援する光景が有名で、一つのシンボルとなっている。NFLチーム中、5番目に古い歴史を持つスティーラーズは、後世まで語り継がれるビッグプレーを数多く残している。中でも最も知られているのは、「イマーキュレート・レセプション(Immaculate Reception)」と呼ばれるプレー。これは、1972年のプレーオフ、対レイダース戦で、ブラッドショーの投じたボールをジョン・フッカが取り損ね弾いたものの、そのボールをハリスがキャッチし、パス不成功だと判断して動けないレイダースのディフェンスをかいくぐってタッチダウンしたもの。英語でキリスト教用語の「無原罪の宿り(Immaculate Conception)」に引っ掛けて命名され、スティーラーズの本拠地では現在でも実物大の選手の模型によって同プレーを体感することができる。

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う