Jacksonville Jaguars(ジャクソンビル・ジャガーズ)

 2019-07-20 / 127 view

Jacksonville Jaguars ロゴ

カレッジフットボールの聖地に新設されたNFLチーム

ジャクソンビル・ジャガーズは、1993年に新設された若いチームだ。ジャクソンビルは、カレッジフットボールの大会である「ゲイタ―・ボウル」が毎年開かれるなど、元々アメリカンフットボールの盛んな地域だった。1992年、NFLが新たに1976年以来となる新チームを作ることを表明するとジャクソンビルはすぐさま立候補。すでにフロリダ州には2つのNFLチームが存在していたことから他の年との誘致合戦は当初、不利と見られていたが、1993年、地域が一丸となった運動によって新たにジャクソンビル・ジャガーズが発足することとなった。1995年からリーグに参加し、初年度は最下位だったものの、1998年には早くも地区優勝を達成し、AFCチャンピオンシップゲームまで進んだもののニューイングランド・ペイトリオッツに敗れ、スーパーボウル進出はならなかった。翌年も地区優勝を果たし、プレーオフに進出したものの、以降はインディアナ・コルツや2002年に新設されたチーム、ヒューストン・テキサンズに阻まれ、思うように結果を出すことができない状況が続いている。

Jacksonville Jaguars ブレイク・ボートルス

生え抜きのエースたち

現在までにジャガーズからNFLの歴代記録を更新するようなレジェンドは現れていないが、数々の選手がジャガーズで活躍してきた。ジャガーズでエースとして活躍しているのがクオーターバック(QB)のブレイク・ボートルスだ。2014年にドラフト全体3位指名を受けて以降、ジャガーズでプレイし、攻撃の中心を担っている。2015年には、チーム全体としては不調だったものの、ボートルスはタッチダウンパスの数と獲得ヤード数でジャガーズのチーム記録を更新した。
過去、ジャガーズに在籍した名選手としては、ランニングバック(RB)のモーリス・ジョーンズ=ドリューが挙げられる。2006年のドラフトでジャガーズに加入し、オールスターゲームであるプロボウルに3度選出されている。身長170㎝と、NFL選手としては非常に小柄であるものの、力負けしないランが持ち味で、2010年には5試合連続で100ヤード以上を走るなどの活躍を見せた。度重なる負傷に悩まされたが、2014年にはオークランド・レイダースと契約し、ジャガーズを去った。
Jacksonville Jaguars マスコット
お騒がせマスコット⁉

ジャガーズはその名の通り、ジャガーをチームのシンボルとしており、ロゴにも勇ましいジャガーが描かれている。ジャガーズが発足したての頃、自動車メーカーのジャガーから、当時のジャガーズのロゴが似すぎていると訴訟問題になったことがある。裁判所には持ち込まれなかったものの、ジャガーズは結果的にロゴを変更し、自動車のジャガーをチームのオフィシャルカーとすることで決着した。
 また、ジャガーズにはお騒がせマスコットとして有名な「ジャクソンデビル(Jackson de Ville)」という名のキャラクターがいる。ジャクソンデビルは、パラシュートでスタジアムに降り立ったり、スタジアムのライトでバンジージャンプを行ったりとマスコットの枠を超えたアクションを披露している。一方で、時に行き過ぎた行為によって議論を巻き起こすこともあり、ジャクソンデビルのせいでNFLのマスコットに関するルールが変更されたり、コルツのオーナーから名指しされて不満を述べるなど、クレイジーな行動で注目を集めている。

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う