Detroit Tigers (デトロイト・タイガース)

 2019-05-04 / 42 view

Detroit Tigers

伝説的選手を輩出した歴史的強豪

デトロイト・タイガースは、ルーツを19世紀にナショナルリーグを制したデトロイト・ウルバリンズに持つ。その消滅後、アメリカンリーグ創設とともに誕生したのが、現在のタイガースである。加盟後数年は負け越しのシーズンを過ごし、その後、伝説の「球聖」タイ・カッブを擁してアメリカンリーグを3連覇したが、いずれもワールドシリーズでは敗れている。

カッブがMLB記録を次々と打ち立てる中、チームはリーグ優勝からも遠ざかり、1930年代まで低迷することとなった。ミッキー・カクレーンが率いた1934年に久しぶりのリーグ優勝を果たすと、翌1935年には実に5度目のチャレンジでワールドシリーズ制覇も成し遂げ、ようやく悲願を達成したのである。

1945年の2度目のワールドシリーズ優勝の後、個々に活躍した選手はいるものの、チームとしてはタイトルを獲得するまでに至らなかった。その後1968年、1984年にワールドチャンピオンに輝いたが、それ以降世界一の座からは遠ざかることになる。

21世紀になると、選手の補強が上手くいった2006年と、主砲ミゲル・カブレラが三冠王の活躍を見せた2012年にはリーグ優勝しているが、いずれも翌シーズン以降は成績が下降するパターンを繰り返している。

 
デトロイト・タイガース
乱暴な人柄、緻密な戦術

前述のカブレラなど、現在の戦力にも語るべき選手は多い。しかし、やはりデトロイト・タイガースを代表する1人を選ぶならば、タイ・カッブをおいて他にはいないのではないか。

1905年にタイガースに加入したカッブは、3年目のシーズンに大ブレイク。2年続けて三冠を獲得すると、1909年には本塁打王も含めて打撃部門タイトルを全て独占した。これはMLB唯一の記録である。他にも生涯通算打率3割6分6厘が史上1位など、記録や個人タイトルは列挙しきれない程である。

一方で激しい性格から乱闘騒ぎも数多く起こし、勝つためにはラフプレーも辞さなかったことから、他球団はもちろん、自チーム内でも疎まれていたと言われる。その言動はけして褒められたものではないが、あくなき勝利への執念が、例えばゲッツー崩しやフックスライディング、あるいは投手の癖を読んでスタートするなど、走塁技術を駆使する戦術を生み出したことも事実だ。

天性の打撃センスや体力にモノを言わせるだけでなく、技術や戦術により勝利に近づく発想が、その後の野球という競技の在り方にも影響を与えているのだ。記録やキャラクターだけでなく、そういった面にも、カッブが伝説的な存在である理由があるだろう。

 
Detroit Tigers
有名無実からの脱却へ

現在のデトロイト・タイガースは、移籍組も含めて名前も実績もある選手が多く在籍していて、いつでもタイトルを狙いにいけるような布陣にも見える。実際に2016シーズンでは中地区2位につけたのだか、それでも次シーズンを楽観視しているファンは多くないのではないだろうか。戦力的には充実しているものの、どこか勝負弱い印象を与えてきてしまっているのも、ここ数年来の事実だからだ。

選手1人1人がそれぞれ活躍するだけでは、シーズンを通して安定した成績を収めることも、タイトル戦線に絡むことも難しいのかもしれない。昨シーズン、既に実績のあるベテランだけでなく、若手投手も活躍したことなどは明るい材料だが、それ以上にチームとしての総合力が問われるシーズンが待っている。デトロイト・タイガースの歴史に、新たな伝説を築いていくことができるだろうか。

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う