Washington Redskins(ワシントン・レッドスキンズ)

 2019-07-18 / 85 view

Washington Redskins ヘルメット

ワシントン・レッドスキンズ NFLのチーム

ワシントン・レッドスキンズは、アメリカのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)に在籍するチーム。所属は、NFLのNFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)の東地区である。アメリカの首都であるワシントンD.C.に本拠地を置いており、スタジアムはフェデックス・フィールド。レッドスキンズのチームカラーは、バーガンディーとゴールドである。(バーガンディーはワインレッドよりは少し暗い赤であり、茶色味が多めの色)チームロゴはインディアンの男性の横顔がデザインされている。レッドスキンズの歴史は、前身であるボストン・ブレーブスが1932年に創設されたことに始まり、翌1933年にボストン・レッドスキンズに名称を変え、1937年にワシントンD.C.に本拠地を移し、現在のワシントン・レッドスキンズとなった。NFLではマーチングバンドを使ったチアダンスが有名であるが、それを最初に行ったのがワシントンレッドスキンズだ。土地柄なのか多くの歴代アメリカ大統領にも愛されてきたチームだ。そんなレッドスキンズを現在、司令塔と呼ぶべきQB(クォーターバック)で引っ張る存在。それがカーク・カズンズだ。

Washington Redskins カーク・カズンズ

Kirk Cousinsカーク・カズンズ QB ♯8

カーク・カズンズは、近年低迷を続けるレッドスキンズの期待の新星QBだ。2012年のドラフトでレッドスキンズより指名され、カーク・カズンズは4年契約を結び入団することになる。そんな彼は当時、ある選手の怪我などで出られない場合の『保険』であった。同年のドラフトでレッドスキンズは、超大型新人QBであったロバート・グリフィン3世(Robert Lee Griffin III)を指名した。本来であればレッドスキンズは2012年のドラフトでは6番目の指名権を得ていたのだが、これ以上の低迷を打開すべく、この年を含めた3年分の1巡指名権とこの年の2巡指名権をセントルイス・ラムズに譲る代わりに2位で指名する権利を得たことでグリフィンⅢを指名した。(これはトレードアップと呼ばれるもので、指名権をチーム間でトレードできる制度)

結果的にグリフィンⅢは、2016年までの多くの時間を怪我に泣かされることになり、2016年に放出されるのだが、安定した結果を出していたのが、『保険』として獲得したカーク・カズンズである。2014年まではグリフィンⅢに次ぐ2番手だったこともあり、出場回数が少なく数字を残せていなかったカーク・カズンズだが、2015年にレギュラーの座を手にした彼は素晴らしい成績を残す。オフェンス部門のパス成績でのカークカズンズを見てみると、彼は4166ヤードを記録し、成功率はトップクラスの69.8%を誇った。ヤード数は全体の10位に入った。そして2015年、プレイオフにも進出した。そして2016年の成績は、シーズン終盤時点ではあるが、カズンズは4630ヤード獲得しており、全体で2位につけている。キャリアハイの記録を残すであろう。

Washington Redskins ファッション

4度目のスーパーボウル制覇へ

レッドスキンズにはこれまでに2度の黄金期がある。チャンピオンシップに6回出場し、2度の優勝を果たした1936年~1945年。そして1982年~1991年の間にプレーオフへ7回出場、4回の地区優勝を果たし、その4回のスーパーボウルでは3回優勝を果たしている。だがその1991年を最後に、2016年現在まで栄光のスーパーボウルでの優勝は果たしていない。2016年のシーズン終盤、カーク・カズンズ率いるレッドスキンズは、地区首位を狙うのは厳しいもののワイルドカードでのプレイオフ進出への望みは残している。2016年シーズンが駄目であっても間違いなくスーパーボウルへは近づいている。FAの心配があったカーク・カズンズも契約を延長し、スタジアムの新装も発表されて新規改革を進めている。今後もワシントン・レッドスキンズには期待したい。

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う