Philadelphia Phillies(フィラデルフィア・フィリーズ)

 2019-05-23 / 71 view

Philadelphia Phillies

優勝から低迷へ、そして優勝、二度目の低迷。
フィラデルフィア・フィリーズはメジャーリーグ、ナショナルリーグ東地区所属のプロ野球チーム。フィリーズと言うチーム名のフィリーとはフィラデルフィア市民の通称である。1883年発足の伝統のあるこのチーム。しかし、現在に至るまでワールドシリーズ優勝は1980年が初めてである。もう36年も前の話だ。世界一への道は遠く険しい。
1915年にリーグ初優勝を果たすも翌年以降、1970年代後半までほとんど万年Bクラスの弱小球団で、特に酷かった時期は1918年から1948年までの31年間でシーズン勝ち越しが一回だけでしかも年間100敗を12回も記録するなど散々な時期を過ごしている。ちなみに2007年7月15日、アメリカプロスポーツチーム初の通算10000敗を記録している。歴史がないと作れないある意味では輝かしい記録である。
1949年に見るに見かねた球団があまりの低迷ぶりにようやくチームの大改革をはじめる。ここで、リッチー・アシュバーン、ロビン・ロバーツ(共にアメリカ野球殿堂入り、共にフィリーズ永久欠番1、36)などの即戦力の若手を積極的に起用し、81勝73敗で33年ぶりのAクラス入り(3位)、1950年には開幕から首位を独走し、最終戦でドジャースを倒し1915年以来のリーグ優勝を果たす。惜しくもワールドシリーズには敗れたもののこの年の若手選手の快進撃を「WhizKids」(神童)と呼ばれるようになる。

Philadelphia Phillies

フィリーズ史上、歴代最高の三塁手シュミットの入団。
1971年、セントルイス・カージナルズのエース、スティーブ・カールトンをトレードで獲得した同年、ドラフト2巡目で入団。72年にメジャーデビュー。73年に132試合に出場、正三塁手のレギュラーを獲得するも打率の低さを指摘され、プエルトリコのウィンターリーグに参加、いわば武者修行に出る。ここで、打撃フォームの改造に着手し、これが大成功。ここから彼の才能が一気に開花していく。
1974年36本塁打を放ち初ホームラン王になると76年まで3年連続タイトルホルダーとなり、同時にエース、カールトンの安定した投球と二人の投打の活躍により、チームは次々と上位への階段を上がっていく。そして1976年、シーズン101勝と大勝し地区優勝に輝く。その後78年まで3年連続優勝も果たすが、プレーオフでは惜しくも敗れてしまう。しかし79年に3000本安打の記録を持つ職人ピートローズがシンシナティ・レッズから加入し、1980年。4度目の地区優勝。ナショナルリーグ優勝決定戦でヒューストン・アストロズを下し30年ぶりのワールドシリーズ進出、シリーズではカンザスシティ・ロイヤルズを4勝2敗で下し初の世界一の栄冠に輝く.この時マイク・シュミットもシリーズMVPを獲得。まさにフィリーズ黄金時代を築くことになる。

Philadelphia Phillies

黄金期を過ぎ,変革へ。新たなスターの登場へ。
1980年後半から黄金期を築いた選手にも徐々に衰えが見え始め、チームを去る選手もおり、同時にチームも衰退していく。87年から92年まで6年連続負け越してしまう。プロスポーツ史上最大のストライキが発生した1994年からまたもや低迷し、7年連続シーズン負け越しを喫してしまい、またも弱小球団に逆戻りしてしまう。だがこの間に有能な若手の才能の開花があったのも事実であり、2001年にはシーズン86勝し、僅か2ゲーム差で2位。また首位を脅かすほどのチームに成長していく。
2003年クリーブランド・インディアンズから2002年シーズン球団史上最高の52本塁打を記録した当時最強の左打者ジム・トーミをFAで獲得。いきなりマイク・シュミットの持つ球団最多48本に1本差に迫る47本で本塁打王に輝く。打点は自己最多の131打点を叩き出している。この年トーミの活躍もありチームはワイルドカード争いを繰り広げるが、プレーオフ進出はならなかった。
2006年トーミはトレードでチームを去る。それに入れ替わるかのようにスーパースターが現れる。ライアン・ジェームス・ハワードだ。前年新人王を獲得したハワードは打率313、58本塁打149打点と最高の成績をあげ、ナショナルリーグMVPを獲得。このころからチームもハワードをはじめ、チェイス・アトリー、ジミー・ロリンズなどと強打のチームを築いていく。
2008年、この強力打撃陣に加え、エースのコール・ハメルズ、ベテランのジェイミー・モイヤー、クローザーのブラッド・リッジら投手陣も安定感を増し2年連続地区優勝、ナショナルリーグチャンピオンシップシリーズでドジャースを倒し、ワールドシリーズでタンパベイ・レイズを4勝1敗で圧倒、MVPもエースのハメルズが獲り球団2度目となる世界一を達成した。2009年にもラウル・イバニェスなどの加入により3年連続地区優勝、2年連続ナショナルリーグ制覇と輝かしい成績を残したがワールドシリーズではヤンキースと対戦するも2勝4敗で敗れ、2年連続世界一はならなかった。
2010年トレードで大物を獲得。4年連続地区優勝は果たしたがナショナルリーグチャンピオンシップシリーズには敗れたため、リーグ3連覇は逃してしまった。2012年にハワードの怪我により7年ぶりにジム・トーミが復帰。6年連続の地区優勝を目指したがかなわず3位に終わってしまう。その後またもやチームは低迷し、2015年シーズン半ばにアトリー、ハメルズなどをトレードで放出する。好調な時期がはっきりと表れるフィラデルフィア・フィリーズから今年も目が離せない。

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う