Atlanta Hawks(アトランタ・ホークス)

 2019-09-07 / 84 view

Atlanta Hawks ロゴ
虎視眈々と頂点を狙う“若鷹”

アトランタ・ホークス(Atlanta Hawks)は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ市
に本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。創設は1946年である。もともとはNBLに加盟しており、NBAには1949年から参入した。チーム名の「hawks」はインディアンの「ブラックホーク酋長」に由来する。現在のホームであるアトランタまでに、トライシティーズ、ミルウォーキー、セントルイスと4つの都市を移転してきた歴史がある。チームロゴは、赤い色の眼光鋭い鷹が、バスケットボールを鋭い爪でつかんでいる様子のデザインとなっている。試合で着用するユニフォームは、ホーム用のものがホワイトをベースにしたもの、アウェイ用のものはブラックをベースにしたものを採用している。優勝歴1回、ファイナル進出4回、ディビジョン優勝15回とかなり多い数字である。
Atlanta Hawks ドミニク・ウィルキンス トレーディングカード
歴代注目メンバー

非常に長い歴史を持つホークスの中でも、特にチェックしておきたい選手をご紹介する。まず、1982年にドラフト3位で指名を受け、ホークスに入団したドミニク・ウィルキンスは外せない。ウィルキンスは高いオフェンス力とダンクから「ヒューマンハイライトフィルム」の異名をとった。1990年のスラムダンク・コンテストでは王者に輝くなど、世界最高のスラムダンカーの一人として知られている。なお、2006年にはバスケットボール殿堂入りも果たしている。
次にご紹介したいのが、パワーフォワードのアル・ホーフォードである。ホーフォードは2007年のドラフトで、1巡目3位でホークスから指名を受け入団。オールスターに4度出場するなど、高い身体能力を活かしたプレーでリーグ有数のビッグマンとして活躍し、多くのファンを魅了した。
Atlanta Hawks ユニフォーム
2016-17シーズンにおける戦力

それでは、ホークスのこれまでの戦力、そしてこれからの戦力について分析してみよう。まずは昨シーズンの成績からだ。ホークスは2015-16シーズンにおいて、48勝34敗の成績を収めた。キープレーヤーだったデマール・キャロルがトレードで移籍した穴を埋められるのかという不安は当初あったものの、結果的にはプレーオフ進出を果たすことができた。セミファイナルでは惜しくもクリーブランド・キャバリアーズに敗れてしまったが、大いに健闘した結果だろう。今期に当たる2016-17シーズンは、15勝16敗でイースタン・カンファレンス6位につけている。地元アトランタ出身であるNBA屈指のセンター、ドワイト・ハワードを獲得したこともあり、チームの立て直しに期待がかかるシーズンといえよう。

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う