Portland Trail Blazers(ポートランド・トレイルブレイザーズ)

 2019-03-21 / 63 view

Portland Trail Blazers ロゴ

出典:http://jp.global.nba.com/teams/#!/blazers


ブレイザーズ(Blazers)の示す意味とは

ポートランド・トレイルブレイザーズはアメリカ、オレゴン州ポートランドを拠点とし、ウェスタン・カンファレンス、ノースウェスト・ディビジョンに所属している。通称ブレイザーズと略されることも多い。ちなみに、ブレイザーズ(Blazers)とは ”blaze a new trail”という言葉から来ており、「新たなる軌跡を刻む者」という意味を示している。
昨シーズンブレイザーズは、主力選手を4人も失った状態でプレイオフに進出し、準決勝でゴールデンステイト・ウォリアーズと激戦を繰り広げたことは記憶に真新しい。多くのファンが驚き、そして興奮したシーズンであった。
Portland Trail Blazers

出典:http://www.nba.co.jp/nba/2016-17-team-analysis-blazers/1j73th4mdjlkp1pk3q2l4z64u2


チーム状況

昨シーズン開始前、チームの下馬評は散々たるものだった。なぜなら、FAでラマーカス・オルドリッジが移籍することになり、ブレイザーズは窮地に立たされることとなっていたからだ。応急処置として無難な選手をかき集めたものの、その程度の戦力ならリーグの下位争いに甘んじることになるだろうと、厳しい批判を浴びたのだ。しかし、蓋を開けてみると、その結果は十分に胸を張れるものだった。プレイオフのファーストラウンドでロサンゼルス・クリッパーズを下し、さらに驚くことに、ウォリアーズと互角に戦えるチーム力を知らしめたのだ。シーズン前の酷評とは裏腹に、ブレイザーズは、しぶとくかつファンをエキサイトさせられるチームだという評価に一変したのである。だがその輝かしい結果が、また新たな課題を浮上させることとなってしまった。それは今の現状をできるかぎり維持することである。つまり、プレイオフ進出に貢献した新たな主力選手たちをチームに留めることが最重要事項となったのだ。アレン・クラブといった控えの選手にさえも、破格の値段での契約更改をせまられたブレイザーズだったが、なんとか戦力の維持には成功した。昨シーズンMVPのマッカラムと、リラードが活躍しているうちは、クラブがレギュラーを勝ち取ることは困難だと予想されるが、でも彼をチームに残せたことは今シーズンにおいて大きなプラス材料となるだろう。それからまた、2016-17シーズンの開始前、ブレイザーズは即戦力となりそうな選手たちの獲得にも成功した。ドリブルを得意とするエバン・ターナーや、ブロックシュートに長けたフェスタス・エジーリが加入することとなったのだ。特にターナーはミドルレンジに特化したポイントゲッターであり、昨シーズンリーグ6位のスリーポイント試投数を記録したブレイザーズには、まさにタイムリーな戦力だと言えるだろう。まだまだチームとして発展途上中にあるブレイザーズにとって、強力な起爆剤となってくれることは間違いない。そして、37.7%のスリーポイント成功率をほこるメイヤーズ・レナードの再契約を果たすこともできた。故障のため、昨季は思うような結果を残すことができなかったかもしれないが、今シーズンでは彼の精度の高い3Pシュートが、勝負の局面で必ず活きてくるはずだ。
Portland Trail Blazers

出典:http://www.nba.co.jp/nba/2016-17-team-analysis-blazers/1j73th4mdjlkp1pk3q2l4z64u2


限りない潜在性

一度は大きく戦力を失ったブレイザーズだが、現在その戦力は十分整ったといえよう。昨季プレイオフで知らしめた勢いや潜在性が、今シーズンどこまで伸びてゆくのだろうか。現状の主力選手たちや、上述の新戦力がうまくかみ合えば、爆発的な強さを発揮する可能性も大いに期待できる。間違いなく今季もファンを楽しませてくれるであろうブレイザーズ。これからもまた新たな軌跡を刻んでゆく。

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う