New York Mets(ニューヨーク・メッツ)

 2019-09-03 / 115 view

New York Mets ロゴ
メッツの歴史

ニューヨーク・メッツはナショナルリーグの東地区に所属する強豪で、球団が誕生した1962年以来ずっとニューヨーク州ニューヨーク・クイーンズに本拠地を構えている。1969年と1986年にワールドシリーズを制覇したほか、リーグ優勝5回、地区優勝6回を誇る名門だ。メッツというチーム名は1880年代に実在したニューヨーク・メトロポリタンズというチーム名の愛称から取られている。メトロポリタンズとは「都会」という意味で、メッツは「都会っ子」、というイメージだろう。同じニューヨークを本拠地とするヤンキースとの試合は「サブウェイ・シリーズ」と呼ばれ、多くのファンを魅了するカードとなっており、注目度はメジャーリーグ指折りだ。メッツとヤンキースのスタジアムが地下鉄で結ばれていることから「サブウェイ(地下鉄)・シリーズ」と呼ばれている。常勝軍団のヤンキースに比べ、戦力や日本での知名度は低くあまり知られていないが、地元ユーヨークではメッツとヤンキースは人気二分するほどファンに愛されている。吉井理人、野茂英雄、松井稼頭央、新庄剛志、松坂大輔ら日本人プレーヤーも多く在籍していた。
New York Mets 野茂
お荷物球団からミラクル・メッツへ

ニューヨーク・メッツについて語るなら、このミラクル・メッツについて語らないわけにはいかないだろう。もともとメッツは球団が誕生した1962年から4年間100敗以上を喫し最下位が続いており、お荷物球団と呼ばれていた。特に1年目は40勝120敗と大敗を喫している。ちなみにこの時の勝率は.250で20世紀以降の勝率としてはワースト3位だ。しかし、1967年に新人王のトム・シーバー、1968年には19勝を挙げた新人のジェリー・グーズマンらの活躍により戦力は大幅にアップ。結果、1969年には100勝62敗の堂々たる成績で地区優勝を初めて成し遂げる。その後、ワールドシリーズでもオリオールズを4勝1敗で退け、シリーズを制覇するのだった。お荷物球団から一転、ワールドシリーズを制覇した快進撃を見た人々は「ミラクル・メッツ」と称賛する。ワールドシリーズを制覇したとき、ニューヨークの新聞は優勝パレード当日の天気を「晴れ、所により紙吹雪」とおしゃれに祝福した。
New York Mets ミラクルメッツ
2度目のシリーズ制覇

2度目のワールドシリーズ制覇も劇的なものだった。1986年にエースのドワイト・グッデンを中心に快進撃を続ける。ワールドシリーズに進出したが状況はかなり不利だった。相手はボストン・レッドソックス。シリーズは第六戦まで進んでおり、メッツは2勝3敗と負け越していた。6戦目も9回の攻防で、あと一球の所にまで追いつめられる。しかし、最後の一球もうゲームセットかと思われた瞬間、相手選手のまさかのトンネルエラーによって奇跡的に逆転。そのままの勢いでシリーズを制するのだった。まさにミラクル・メッツの名にふさわしいシリーズ制覇だったといえるだろう。その後は低迷期が続くが2015年にはリーグ優勝を果たし、久しぶりにワールドシリーズに進出。制覇はならなかったものの、今後の活躍が大いに期待されるシーズンとなった。来シーズンも先発投手。リリーフ陣共に健在で、故障さえなければ良い成績を残すことが期待されている。しかし、主軸を打っていたヨエニス・セスペデスやニール・ウォーカーがチームを抜けることが決まっており、攻撃陣に厚みがないのが弱点だろう。攻撃陣の補強が成功すれば、ポストシーズンに進出、ワールドシリーズも見えてくるはずだ。ミラクル・メッツの名にふさわしい活躍を見せてくれるかどうか、今シーズンも注目だ。

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う