Primus(プリムス)

 2019-09-13 / 152 view

Primus クッカー
着眼点が違うプリムス

プリムスといえば、2243バーナーや2245ランタンなどを思い浮かべるキャンパーも少なくないだろう。それほど、長く愛され歴史をもつ商品がある燃焼器具専門メーカーなのだ。
プリムスの歴史を紐解くには、100年以上もの時を遡る必要がある。液体燃料である「パラフィン」を気化させることでガスを燃焼させるという「発明」からその歴史は始まり、今日に至っている。
野外でお湯を沸かす、調理するというシーンにおいては、その性能や安全性、携行性など多くの課題があるが、人類初の南極点到達や、1953年ヒラリーとテンジンによるエベレスト初登頂の瞬間にもプリムスの燃焼器具が使われている事実もプリムスに対する信頼の証と言えるだろう。
燃焼器具専門メーカーとして成長を続けてきたプリムスであるが、燃焼にはそれを受ける道具、すなわちクッカーと呼ばれる調理器具も対となるのである。プリムスが自らの持つ燃焼や熱伝導の技術を活かしてクッカーの開発を行うのも自然の流れと言えるのだ。
そして、そのクッカーもキャンパーの間で非常に高い評価を得ている。特に、プリムスのクッカーはキャンプ初心者からベテランに至るまで誰もが使いやすいという恩恵を与えているのである。
Primus アウトドア
過酷な条件化でも安心

当然のことながら、キャンプのシーンでは家庭での調理のように何もかも揃っているわけではなく、限られたスペース、限られた道具をどう使いこなすのか?キャンパーの力量も問われる。
そんな、調理の道具としてクッカーは存在しており、キャンパーのアクティビティを支えているのである。四季折々に魅せる自然の風景を楽しみながら、調理したり仲間と食事をとることはキャンプの楽しみの中でも大きな比重を占めているのだ。
アウトドアでは、あれもこれもと道具を用意すると便利な反面、運搬や重量の面で行動に制約が出てしまうことが多々ある。そのため、クッカーもその収納方法や重量などを同時にクリアしなければならない課題が多い道具である。
また、実際の使用においても、取っ手にシリコンを使用したりチタンよりも若干重量が増すアルミを素材としていながらも、使用に支障なく使いやすさを重視した製品を世に送り出しており、多くのキャンパーからの指示を受けているのである。
Primus キャンプ
プリムスのクッカーが選ばれる訳
 
アウトドアブランドも数多く存在し、競合も激しい商品構成の中にあってプリムスクッカーのアドバンテージとは一体どんなものだろう?
性能や使いやすさ、機能性などに加えて、見落とせないのはコストである。いくらいい製品であっても、あまりに高価格であれば手は伸びないものだ。つまりコストパフォーマンスも大事な要素となる。
代表的なクッカーとして「PRIMUS イージークックNS・ソロセットM」という商品がある。クッカーに求められる性能を具体的に言うと、熱効率・耐久性・使いやすさ・重量・機能性などが挙げられるが、そのほとんど全てにおいて競合他社製品に劣らないとの高評価を得ている。
しかも、価格は他の競合他社製品に比べて、低価格なのである。高性能・低価格とあっては、プリムスのクッカーを購入の選択肢にいれない理由がないといっても過言ではないだろう。
あなたのキャンプにおけるクッキングライフに役立つ可能性が期待できるプリムスのクッカー。キャンプライフのお気に入りの相棒となる日も近いかもしれない。
Primusの在庫を確認する

現在出品中の「Primus(プリムス)」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う