ALPS Mountaineering(アルプスマウンテニアリング)

 2019-03-25 / 709 view

ALPS Mountaineering テント
新進気鋭のアウトドアブランド、アルプスマウンテニアリング

アルプスマウンテニアリング(ALPS Mountaineering)という名前を聞いたことがあるだろうか。テントやバック、寝袋(シュラフ)、マット、キャンプファニチャといったキャンプ用品を幅広く扱っているアウトドア・ブランドだ。アメリカのトップ・アウトドア・ブランド、ケルティ(Kelty)から独立したDENNIS BRUNEがミズーリでスタートさせたのが1993年。比較的新しいブランドだ。
日本にはまだ正式な代理店がないため、アウトドア・ショップやスポーツ・ショップでは買うことができない。また、インターネットで検索しても英語版のWebサイトしか存在しない。そのため、日本ではまだ馴染みの薄いブランド名かも知れないが、その機能性と耐久性を兼ね備えたキャンプギアは、海外、特に本国アメリカでは確固たる地位を確立しつつある。今後の動向から目が離せない、注目のアウトドア・ブランドだ。
ALPS Mountaineering ライトウェイト
主力商品ならではの豊富なラインナップのテント

屋外で寝泊まりするキャンプに欠かせないテント。テントのタイプは大きく分けて、ドーム型、ツールーム型、ティピー型の3種類がある。一般的なドーム型は、2本のポールをクロスさせて立ち上げるタイプのテントで、一人用から二人用がメイン。組み立てやすいため初心者でも安心して使うことができる。ツールーム型とは、名前の通り内部が二部屋に分かれているテント。人が立つことができるくらいの大きさの商品も多く、片方をリビング、片方を寝室、もしくは片方を両親、片方を子供たち、といった使い方ができる。ティピー型とは、ドーム型と同じくポールを2本クロスさて組み立てるが、中央に柱を立てるのが特徴。三角形をしたユニークな外観は、インディアンのテントを思い起こさせる。
テントはアルプスマウンテニアリングの主力商品でもあり、ラインナップは豊富だ。小型軽量で1人用や少人数用のテントが揃う「ライトウェイト」シリーズや、コンパクトな収納が特徴の「バックパッキング」シリーズは、機動性に優れているため登山やハイキング、ツーリングなどに最適。家族連れや3人以上のパーティには、「キャンピング」シリーズや「アウトフィッター」シリーズといったラインナップもある。
ALPS Mountaineering ハイドラス
商品名に表れる機能へのアルプスマウンテニアリングの自信

実際にアルプスマウンテニアリングのテントを使ってみた感想をレポートしよう。まずは、ライトウェイト・シリーズの2人用テント、「ハイドラス」。耐風性に優れているので山の急激な気候の変化にも柔軟に対応できる。コンパクトで軽量なので、できるだけ荷物を減らし必要最低限の装備で活動したいキャンパーにおすすめのテントだ。
もう一つ、ライトウェイト・シリーズから3人用テント「ゼファー3」。フルメッシュなのでフライシート外せば非常に風通しがよく、暑い夏夜でも快適に過ごせるだろう。居住スペースも広く、大人3人寝ても息苦しさはない。航空機用のアルミポールが使われており、耐風性も高く強度も充分である。最後に、バックパッキング・シリーズから4人用テントリンクス4」。アルプスマウンテニアリングの中でも人気のテントだ。4人用でも重量3kg程度と非常に軽量。組み立ても非常に簡単、部分メッシュなので防水性も高い。吹き込みも少ないので、冬以外の3シーズンは十分に使えるだろう。

アルプスマウンテニアリングのテントはどれも軽量な上、機能性も高い。シリーズ名に「ライトウェイト」「バックパッキング」といった言葉が使われているが、これも、自信の表れなのだろう。
ALPS Mountaineeringの在庫を確認する

現在出品中の「ALPS Mountaineering(アルプスマウンテニアリング)」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う