Coghlan's(コフラン)

 2019-05-15 / 63 view

Coghlan's ランタン
温かな炎が心までも照らすCoghlan's(コフラン)のランタンの歴史

Coghlan's(コフラン)は元々創始者のノーム・コフランが同社を作る前にランタン・キャンプストーブ・ランプ・マントルを生産していたことに端を発している。その後1959年にカナダ・マニトバ州ウィニペグでコフランは設立されたのだが、最初はなんとトースターを販売していたのだ。
当時キャンプ人口が増えたこともありコフランは元々ノウハウを持つキャンプ用品であるトースターを継続的に販売しつつ、さらにランタンを中心としたアウトドアランプの生産に本格的に乗り出している。
大自然を満喫するキャンプ・釣り・ハイキング・トレッキング等、夜間や夜明けを過ごすための明かりを提供するランタンでコフラン社製を愛用するキャンパーは驚く程多い。
その光はテント内を照らすだけでなく、暗くなった闇夜の心も一緒に照らしてくれそうだ。光はその強さや広がりだけでなく温もりをも育んでくれる。そういった意味でコフランのランタンは多くの人をそのあたたかな温もりで包んでくれるに違いない。
Coghlan's LIGHTER
Coghlan'sのランタンは豊富な品ぞろえで様々なニーズに対応可能

暗くなれば寝る、明るくなれば起きるがキャンプの過ごし方と言えよう。しかしいくらなんでも真っ暗闇で過ごす程不安なものはない。そんな時にテントやその周りを明るくするアイテムがあれば暗闇の中でも安心だし心強い。炎の放つ光はじんわりと闇夜を照らしだし、仲間たちと過ごす時間の価値を一層引き立てるであろう。
ランタンはその種類も豊富で今ではLEDランタンの需要がかなり多くなっているが、ガスやガソリンランタン等はその趣で一日の長があるといってもいいだろう。光量も十分ありテント内等でメインの照明器具としても十分使えるところがその利点でもある。
コフランもそんなマーケットのニーズを把握しており種類や大きさ等、様々なものをしかも用途に合う形で提供している。この豊富な品ぞろえは初心者からベテランキャンパーまでを虜にする大きな要因といってもいいだろう。
Coghlan's micro lantern
自然の中で感じるCoghlan'sのランタンの大いなる価値

人は日中と夜ではその顔や精神状態が違ってくるという。基本的に夜は心と身体を休める、日中は活動するという生活のリズムが、人類誕生から延々と続いているのである。そこには人の自律神経が作用している。身体が休息状態では副交感神経が、活動中は交感神経が優位になると言われ、このメカニズムは人のDNAに刷り込まれた遺伝情報といっていいだろう。
そこでランタンである。休息をメインとする夜間に煌々と照らされる明かりは必要ない。自宅と自然を楽しむキャンプでの明かりは自ずと違うものであり、炎の光を緩やかに調節できる昔ながらのクラッシックランタンに大いなる魅力を感じる人々は多いはずだ。
カナダウィニペグの自然環境に育まれたコフランならではのランタンの魅力はこういったところにあるのかもしれない。Coghlan'sの燃料式ランタンならキャンプで過ごす夜の雰囲気をゆっくりと味わえるに違いない。人は炎の前では心も落ち着き穏やかに過ごせると言われている。『ゆらゆら』と揺れる炎を見つめていると、自らの心も落ち着き深い眠りへといざなってくれる準備が整うこと間違いなしだろう。
Coghlan\'sの在庫を確認する

現在出品中の「Coghlan's(コフラン)」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う