Lure Brands BANDIT LURES(ルアーブランド/バンデットルアー)

 2019-05-21 / 152 view

Lure Brands ルアー
Bandit LURESの歴史と特徴

Bandit LURES(バンディットルアー)は、釣りをするにあたって必要不可欠であるルアーを生産しているブランドである。アメリカのミシシッピ州を拠点にしているブランドであり、1976年にジム・ウィルター氏によって設立された。現在もアメリカの歴史あるルアーブランドとして知名度は高く、ベテランから始めたばかりのユーザーまで多くのアングラー(釣り人)達から愛されている。

設立当初はスピナーベイトをメインに作っていたBandit だが、 その名が知られる事になったのはクランクベイト市場にチャレンジして以降であろう。その際にメイン商品として発売された200シリーズと呼ばれるクランクベイトは、多くのアングラーに衝撃と釣りでの成果をもたらした。

その後、100シリーズや300シリーズをはじめ、現在では多くの釣りメーカーがリスペクトをし参考にしている事でも知られるフットルースシリーズまで。現在に至るまで、多くの人気アイテムを世に放ってきたのがこのBandit  だ。そして最近では、大手ルアーメーカー企業であるプラドコ社との提携をした事が話題となったが、これにより生産力を高め、一層のこと、釣り業界にBandit  のルアーが広まっていくことは間違いなさそうだ。


Lure Brands ルアー
Bandit の200シリーズの魅力

Bandit のルアー製品で一番の知名度を誇るのはやはりこの『200』シリーズではないだろうか。一般的なアングラーから、トーナメントアングラーまで幅広い層からの支持を集めているBandit のルアー達だが、その知名度を得るきっかけにもなったのがこの200シリーズであり、はじまりであり最高傑作とも呼べるルアーだ。

その200シリーズの特徴は、俗に言うクランクであることから中層にいる魚を狙える。この200シリーズは、8フィート(約2.4m)付近を狙うのに最適として用いられている事が多い。そしてBandit 全体の売りであるバリエーション豊富な配色も相まって人気が高い。

その他、クランクベイトでは『100』『300』シリーズがありそれぞれ違う深さを攻められ、ポイント毎に適したクランクを使うことでより楽しめるだろう。更に言えば100シリーズの特徴として、小刻みに回転する仕様になっており根がかりも回避できる事から非常に重宝するのは間違いない。次いで300シリーズは、200シリーズより深いポイントを探れることが特徴で、約12フィート(3.6m)付近を探ることでサーチルアーとしても活躍してくれる。

それ以外にも豊富な種類と、カラーバリエーションで世界中から愛されているBanditのクランクは使ったら病み付きになる食い付きをもたらすだろう。

Lure Brands ルアー
Banditのクランクで是非ともバス釣りを!

Banditのクランクは様々シーンにおいて、使い分けれるように分かりやすくシリーズ化されている。天候や水温、時間帯や水深など。それを読むことも釣りでは楽しみの一つである。そしてクランクが非常に人気が高くなった理由といえば、ただ巻き(ただ巻くだけ)でも釣れるモノが多いので初心者にも扱えるという点であろう。

Banditのクランクももちろんその例外ではなく、ただ巻きでも食い付いてくることからも多くのアングラーに愛されている。バスフィッシングに挑戦したいけれど一歩が踏み出せない方々は調べた上で、このBanditを手にとって使ってみてもらいたい。初挑戦での初ヒットがより近いものになるのは間違いないはずだ。

これまでにルアー業界の老舗として多くのアングラーから愛されてきたBanditのルアーは、日々の釣りをより楽しいモノにしてくれる事を約束してくれるだろう。もう持っている方は、よりバリエーションを豊富に。まだ持っていない方は是非とも一度使ってみて欲しい。Banditの社名が「盗賊」に由来することがわかるはずだ。
この商品の在庫を確認する

Lure Brands BANDIT LURES(ルアーブランド/バンデットルアー)の人気商品

リールの人気商品

BANDIT LURESの人気商品

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う