Commencal(コメンサル)の自転車

 2019-03-13 / 78 view

Commencal 自転車
MTB一筋の世界的ブランド、Commencal

Commencal(コメンサル)という自転車ブランドの名は日本の街ではまだあまり知られていないのではないだろう。しかし本格的なMTBブランドという分野であればCommencalの知名度は抜群に高い。

CommencalはプロのMTBレーサー、マックス・コメンサルが立ち上げたMTB専用のバイクブランドで、非常にシンプルで高性能のMTBを多数販売している。その性能は世界でもトップレベルと言われており、ダウンヒルの世界選手権では常にCommencalのMTBを使ったレーサーが表彰台に上がっている。

ヨーロッパでは、プロだけではなく、アマチュアのMTBライダーや一般人の中にもファンが多いブランドで、MTBのコースはもちろん、街乗りとしても利用している人が多い。現在、MTBレーサーが立ち上げたブランドであってもロードバイクなど他の売れ線商品への転換を余儀なくされているブランドが多数ある中で、一貫してMTBの生産と開発に力を注いでいる貴重なブランドだ。

今回はそんな、MTBレーサー、MTB好きのためのブランドとも言えるCommencalの魅力を代表モデルのMetaなどを中心に見ていこう。意外だと思うかもしれないが、実はCommencalのMTBは街乗りにも非常に適しているのだ。

Commencal Meta
パワフルなベストセラーモデル、Meta

Metaは悪路や山岳地帯などをトップスピードで駆け下りる耐久性とスピードを兼ね備えたMTBの代名詞的な自転車フレームだ。

現行モデルではその使用用途に分けて3つのモデルが販売されており、それぞれの攻略するコースの状態に合わせてライディングポジションが細かく分けられている。それは過酷なオフロードを躊躇なく走りきるためのライダーの安心感を生み出すことにも繋がっているのだ。

また、耐久性や操作性、軽量化、安全性などMTBに必要なすべての項目において妥協を許さず極限まで実戦での使用を想定し作られているため、どのモデルも非常に高い品質とパフォーマンスを期待できる。

Metaのフレームを使用したMTBは安いモデルでは12万円台から販売されているが、最上級モデルは40万円を超えてくるため、価格から見ても幅広いラインナップと高い品質を伴っているということがわかる。

これらのMTBはもちろん街乗りでも使うことはできるものの、その性能をしっかりと活かすには少々贅沢な使い方となってしまう。

Commencal EL CAMINO
街乗りにも使えるMTB、EL CAMINO

本格的なオフロードコースで乗ることは少ないものの、CommencalのMTBに乗ってみたいと考える方にはEL CAMINOがおすすめだ。

エントリーモデルとして販売されているEL CAMINOは様々なラインナップの中でもスポーツバイクとして位置づけられており、オフロードの走行はもちろんだが普段の通勤や通学などでも手軽に利用できる汎用性の高さが売りだ。

MTBとしての基本的な品質と性能は十分に満たしているため、街乗りが物足りなく感じる方はそのままオフロードや山岳での走行も楽しめるためEL CAMINOとともにMTBについて一歩ずつ学んでいくという使い方もおすすめだ。

現行モデルは非常にクールなマットブラックボディーがラインナップされており、シンプルで高級感も感じるそのデザインは、とてもエントリーモデルだとは思えない。日本ではまだまだ街乗りでは珍しい部類にはいるブランドであるため、シンプルなデザインであっても周りとの差を生み出すには十分だろう。

EL CAMINO以外でも街での使用に重点を置いたFCBと呼ばれるモデルも販売されており、こちらもマットブラックのボディーが魅力的な街乗り専用モデルだ。EL CAMINOは価格も10万円以下と安価であり、エントリーモデルとして相応しいコストパフォーマンスも兼ね備えている。

この記事を見てCommencalのMTBに興味を持った方はまず海外通販などでお手軽な中古品を探してみると良いだろう。タフな使い方をするMTBのため状態面はしっかりチェックしなければならないが、旧モデルであれば現行モデルに比べて非常に安く入手できるためおすすめだ。
Commencalの在庫を確認する

現在出品中の「Commencal(コメンサル)の自転車」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う