RIDLEY(リドレー)の自転車

 2019-11-17 / 205 view

RIDLEY(リドレー)の自転車
自転車王国ベルギーが誇るブランド、RIDLEY

日本ではあまり知られていないが、ヨーロッパのベルギーは自転車王国として有名だ。ベルギーは自転車が国技とされており、国内に様々なサイクルコース存在し多くのライダーがツーリングを楽しんでいる。もちろん世界的にも有名なプロライダーも数多く生まれており、世界的に活躍している。

RIDLEY(リドレー)はそんなベルギーで設立された自転車ブランドだ。

元々はロードバイクの塗装会社として1990年に設立され、当時のベルギーのプロレーサーへの支援のために、独自のフレーム製作に着手し、人気のアルミフレームを多数販売した。特にロードバイクに定評があり、ベルギー国内だけでなく、ヨーロッパを中心に全世界で販売されている。

2013年にはRIDLEYを中心としたベルギーの企業が連携し、ロードバイクを研究開発するフランダースバイクバレーを設立し、世界でもトップレベルの研究施設を使用し、独自の技術開発を行なっている。また、RIDLEYは塗装会社として設立された背景もあり、その塗装技術やデザインが美しさに定評がある、そのため日本国内でもロードレーサーはもちろん、街乗りにも使用されている。

今回はそんな自転車王国ベルギーが誇るRIDLEYの人気モデル、FENIXとNOAHについて見ていこう。

RIDLEY(リドレー)の自転車
安価なプロ仕様の本格派モデル、FENIX

RIDLEYのFENIXは石畳のクラシックレースでプロ選手が仕様したプロ仕様のフレームを使ったロードバイクだ。

ロードバイクに大切な強い耐久性と振動の吸収力を非常に高いレベルで融合させており、荒れた路面でもスムーズな走行を可能としている。そのため、通常のロードバイクに比べて様々な状況や路面で利用できる汎用性の高いオールラウンドモデルとなっている。

その快適な漕ぎ心地も魅力の一つで、ライダーのパワーを無駄なくバイク全体に伝えられる。ヨーロッパのトップチームも使っているこのフレームは、ベルギーはもちろんヨーロッパ国内で絶大な人気を誇るRIDLEYの定番モデルとなっている。

日本で販売されている現行モデルは合計8種類にも及ぶ、豊富なカラーが展開されている、ブラックとホワイトを基調としたシンプルなデザインにそれぞれグリーン、レッド、ピンクなど個性が光る差し色をいれており、塗装会社として創設されたRIDLEYのデザインへのこだわりが感じられる。

価格がプロ仕様のロードバイクにしては比較的安価であることから、本格的なロードレースへの挑戦を考えている方にはおすすめの一台だ。

RIDLEY(リドレー)の自転車
独自開発が売りのミドルクラスモデル、NOAH

RIDLEYは2013年に設立したフランダースバイクバレーの研究施設内に空気流体実践を行うトンネルを建設し、そこでレース中の空気抵抗を想定した独自フレームの技術向上を目指している。NOAHはそんなRIDLEYが開発したエアロオールラウンドフレームのロードバイクだ。

エアロオールラウンドフレームはバイクのフレームの全てが空気力学をもとに設計されており、空気抵抗を減らすことに重きを置いてあるため、非常にスピードに特化されたフレームである。加えて、NOAHは、スピードだけではなく、耐久性や安定戦はもちろん、グリップ力、快適性も抜群に高く、まさにスピードを求めるプロのライダーのための専用モデルと言える。

日本で販売されているモデルはデザインもシンプルなホワイトとブラックを基調にしたモデルの2種類の展開となっている。

ただ、最先端の技術が詰め込まれたミドルクラスモデルのためFENIXに比べると価格も30万円前後となっており、ロードレースに参加する競技者であっても簡単に購入できるモデルではない。

海外の通販サイトなどでは稀に中古品などが定価の半額近い価格で取引されているため興味がある人はそちらで探してみることをおすすめする。もちろん安い買い物ではないため、購入する際は事前に実物に乗って見て、自分との相性を確認するのも大切だ。
RIDLEYの在庫を確認する

現在出品中の「RIDLEY(リドレー)の自転車」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う