Anchor(アンカー)の自転車

 2019-04-28 / 46 view

Anchor フレーム
Anchorはハードユースにも耐えるロードバイク


Anchor(アンカー)は、ブリヂストンサイクルのプロユース及びプロユースに準じたモデルのスポーツサイクルブランドだ。


Anchorは、ブリヂストンサイクルが本格スポーツサイクルとして展開しているブランドで、アルミフレームのレースモデルの他、バルジ成型やスピニングバテット加工といったハイテクを駆使したモデルなどを製造、販売している。


RS8 EQUIPEは、鋭い加速を実現し、耐久性や快適性もバランス良く優れているロードバイクで、レースに挑戦するライダーに最適である。カーボンフレームは、最速への思想を取り入れられている。プレスフィットBBやテーパードヘッドなど最先端の構造を搭載しているのである。


シマノ・105を搭載していて高性能でありながらコストパフォーマンスも良い。電動コンポ使用時に、ケーブルをダウンチューブへの内装が可能だ。購入した後のグレードアップにも対応できるスペックも装備されている。


RS8は軽量化しすぎずに、ハードユースにも耐える頑丈さを目指して作られた。フラッグシップレーシングバイクとして実績のある「RIS9」をベースに開発されているのである。主にエントリークラスから中級ホビーレーサーをターゲットにしている。


Anchor フレーム
Anchor RS8は快適な走りを実現する高性能ロードバイク

RS8は、ブリヂストンのAnchorらしい質実剛健なフォルムが特徴的である。価格を抑えつつ、レースに対応できる機敏な走りを実現する。さらに長時間のハードユースにも耐える設計である。


RS8の基本設計は、ヘッドからダウンチューブの剛性を高め、トップチューブ周辺でしなやかさを求めている。RS8には、断面積を増している大口径のフロント三角が採用されている。


ヘッドチューブ寄りの部分は長方形の断面で、BB側に向かうほど正方形断面へと形を変えている。そしてブレスフィット式BBシェルを、ブリヂストンAnchor独自の形状で包み込みチェーンステイへ接続しているのである。これによって、反応性や加速性を高めている。


このように、RS8は、長距離レースやロングライドでの疲れを軽減する役目をはたすように、様々な工夫がされているのである。程よい軽量と高い剛性で、レースにも最適なロードバイクといえるだろう。


また、日本人の体形に合うフレーム設計も特徴的だ。登坂などでプッシュして前乗りになったときにもバランスがとりやすい。加えて、ハンドリングの切れ込みが良い点も魅力的である。BBを包み込むようなフレーム造形や、アルミのハンガーシェルがバイク全体の堅さと剛性を高めている。


Anchor フレーム
柔軟性と快適性に優れ、ビギナーにも最適なAnchor RS8


RS8は、ロードバイク初心者にも最適なのである。ケーブルが全て外出し式となっていて、メンテナンスも容易にできる。高性能でコストパフォーマンスが良く、ビギナーにおすすめの1台だ。


大きく目立ったクセがないから、バランスが良くてバイク全体の剛性感が統一されている。フロント周りとリア周りという前後の挙動が合っているから、掴みやすくてすぐ馴染むことができる。


ペダルを踏み込んだときに、ペダリングパワーを吸収して反発を活かして加速していく。スピードの伸びや持続力に優れているロードバイクだ。フレームの剛性バランスが良く、ブレーキを強くかけてもストッピングパワーが逃げることはない。乗り心地の良さも追求されているのである。


軽量による不安定感もなく、体重の左右への重心移動もスムーズにできる。レースならホビーレースだけでなく、登録レースまで対応することが可能だ。柔軟性な快適性にも優れているからロングライドにも最適である。
Anchorの在庫を確認する

現在出品中の「Anchor(アンカー)の自転車」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う