Basil(バジル)の自転車

 2019-11-10 / 57 view

Basil Bag
機能性とデザイン性に優れたBasilの自転車用バック


Basil(バジル)とは、1970年初頭にオランダで生まれた自転車用のバックブランドである。


Basilでは、ヨーロッパのライフスタイルに合うような、デザイン性と機能を両立させた製品を開発して製造している。1970年初頭、Basil創業者であるニコ・ヴァン・バルヴァレンは、自転車の販売とバスケットの製作を行っていた。バスケットは美しくて丈夫であるため、地域の人達に愛された。以後もBasilは、伝統を守りつつ、バスケット製作に邁進している。


Basilという名前の由来は、創業者の名前である「Nico van Balveren」と、創業した場所の地名である「SILvolde」を合わせたもの。Basilは自転車と荷物を組み合わせることで、地球環境に貢献したいという企業理念を持ち、リサイクル素材を積極的に活用している。


Basil Bag
荷物を積んでも安定した走行を実現するBasil「マーラ」


Basilは、華やかなグラフィックが施された商品やオーソドックスなバックなど、様々なバックを取り扱っている。その中でも有名なモデルが「マーラ」である。


Basilの「マーラ」は、防水加工を施したポリエステル素材を使用するオーソドックスなデザインのバックである。マーラは、ロングツーリング用ではなく、ライトユースを想定しているため、価格がリーズナブルなところに設定されており、その意味でもファンが多い。


「マーラ」のようなパニアバックは、重い荷物を積んでも安定して走ることができるというメリットもある。街乗り用の自転車は、高い部分に荷物を積んでしまうと、どうしても走りが不安定になってしまう。しかし、マーラのようなバックなら、荷物を積んで重くなっても安定して走れるから普段の買い物でも活用できるのである。マーラは女性や脚の力に自信がない人にもおすすめしたいパニアバックだ。


また、Basil では「ツアー」というパニアバックも人気だ。「ツアー」は、撥水加工が施された600デニールのポリエステルを使用しており、とても丈夫なつくりになっている。また、インナープレートが装着されているので、荷物の型崩れの心配も少ない。加えて、搭載位置が低いから走りが不安定になりにくいというメリットも併せ持つ。


「ツアー」の派生タイプ「ツアーダブル」も評価が高い。「ツアーダブル」は中に入れた物が見やすく、出し入れもスムーズに行うことができる。さらに、外側にもサイドポケットが装備されているから、整理もしやすい。取り付け方法は、ベルクロストラップをキャリアに巻き付けるだけだから、非常に簡単に取り付けることができる。

Basil キャリア
パニアバックや荷物を積みたいときにかかせないBasilのキャリア


自転車にパニアバックを取り付けたり、荷物を置きたい場合にはキャリアが必要である。Basilはバスケットやパニアバックだけでなく、キャリアも取り扱っている。


「ポートランドエッジアラウンド」は、最大積載量が10kgのキャリアだ。サイズは、42.5×34.5×6cmである。上部は、ブレーキキャリパー穴を使って固定する。


「フロントキャリアL」も最大積載量は10kgのキャリアである。こちらはかなり大きなフロントキャリアで、重くなってしまった荷物を積みたいときに最適である。ヘッドランプの台座が付いており、ハンドルバーとフロントアクスルで固定する。


Basilのバックや、バスケット、キャリアはどれもヨーロッパの雰囲気に合うような、お洒落でデザイン性に優れたものが多い。デザイン性に優れているだけでなく高性能であるところも魅力的である。
Basilの在庫を確認する

現在出品中の「Basil(バジル)の自転車」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う