サイクリングを始める前に知っておきたい各メーカーのブランドイメージ

 2019-05-22 / 229 view

サイクリングについての面白さや、健康への効果は十分わかりました。これから本格的に始めようと思います。

ですが、実際に自転車屋さんにいくとメーカーの種類が多すぎて何を選べばいいのか分からない・・・

――「どれも一緒に見えるけど値段が全然違う!」

というあなたのために各メーカーの特徴について簡単にまとめました!購入の際の参考にしてください♪

GIANT(ジャイアント)


もはや自転車界のスタンダード!香港のメーカーのジャイアントはロードバイク・クロスバイク界では有名な超一流メーカー。

今、伸びている自転車メーカーの1つです。「中華製って大丈夫なの?」と思われる方も多いようですが、自転車のメッカ、ヨーロッパでもジャイアントは多くの人に受け入れられています。日本でもロードバイクで走っている人を見たら高確率でジャイアントです。

ジャイアントの特徴は、「高品質」「低価格」「豊富な種類」の3拍子が揃っています。

同装備の他メーカーのクロスバイクを見ると、品質は変わらないのに価格はジャイアントのほうが安価ということも。そんな恐るべき自転車メーカーがジャイアントです。

LOUIS GARNEAU (ルイガノ)


華麗に優雅な自転車タイムを楽しむならルイガノ。カナダで人気のある人気自転車メーカーです。オシャレ度ならば世界の自転車メーカーを探してみてもトップクラス!

洗練されたデザインは業界でも高評価を得ています。カラーリングも豊富だから自分にピッタリの自転車が見つかるかも!?日本の洒落た街並みにもマッチするデザインの自転車をどうぞ!

Bianchi(ビアンキ)


日本でもおなじみのビアンキはイタリアの人気自転車ブランド。イタリア製だけあってオシャレな色合いが特徴的です。

表参道や自由が丘などに店舗を構えており、「オシャレな街にビアンキあり!」と言っても過言ではありません。

「ビアンキの特徴は?」

という質問に答えるのであれば、伝統色である「チェレステカラー」。パステルグリーンのような緑色は他のメーカーにはありません。本場ヨーロッパのレースでも優秀な実績を残す自転車界の一流ブランド。

値段が高くなってしまうものの、品質は超一流。一生もの自転車をお求めならチェックしておくべきしょう。

FUJI
われらが日本で誕生した人気自転車メーカー。

――「海外のメーカーばかり紹介しているけど、日本のブランドはないの?」

・・・自転車業界は海外製が有名なので日本ブランドが押されているのは事実です。ですが、そのようななかでも「FUJI」という自転車ブランドは日本で誕生しました。日本のメーカー・・・と、言い切りたいのですが、倒産したり海外企業に吸収されたりと現在の姿はちょっと複雑のようで・・・

FUJIは、日本で誕生し、100年以上の歴史を持つブランド。現在は、アメリカに本拠地を置くインターナショナルブランドという位置づけです。(ちなみに企業拠点は日本にはなく、アメリカ、南アフリカ、ドイツ、台湾に置いてあります)

FUJIの自転車はジャイアントなどの大手自転車メーカーと比べると認知度に差があるようですが、デザイン・乗り心地などは大手にも引けをとりません。これから自転車を始めるかたはぜひFUJIも忘れずにチェックしてみてください♪



ANCHOR(アンカー)
あの有名タイヤメーカーから独立した国内ブランドタイヤメーカーでおなじみブリヂストンの自転車部門が分離して独立。そのなかでアンカーというブランドを築き、本格的なスポーツサイクルを展開しています。

2011年まで、「アンカー」と「アンカースポーツ」の2つのブランドで展開していましたが、2012年モデルの頃から部門統合しました。

さらに初心者向けとして、「UTILITY」というブランドが誕生。安価で初心者でも手軽にとっつきやすいことで有名でしたが、その後、アンカーは大衆向けの自転車からは撤退。撤退後は、ロードバイクやマウンテンバイクなどの競技用モデルへ特化した自転車を製造するようになりました。



セカイモン人気ランキング
セカイモンで売れているリアパーツメーカーをピックアップ!

Campagnolo - カンパニョーロ

自転車部品で圧倒的存在のカンパニョーロ。イタリア製の自転車部品専業メーカーで、ロードレーサー用の部品を取り扱わせたらピカイチです。

価格が少々高めになってしまいますが、軽さ・高品質・高性能は期待できますよ。自転車に慣れてきたら購入してみたい憧れのブランドですね。



Shimano - シマノ

自転車の総合メーカーとして、リーティングカンパニーとなっている「シマノ」。初心者から上級者まで愛用されており、シェアもトップクラスを誇っています。

大阪で誕生し、その後世界のトップレベルまで成長した実力派メーカー。コストパフォーマンスと入手性で言えばシマノですね。迷ったらシマノと思っておけば間違いないでしょう。



SRAM - スラム

スラムはアメリカ合衆国の自転車パーツメーカーです。 主にマウンテンバイク用のパーツをメインに扱っていましたが、現在はロードバイクのパーツも展開するようになりました。

最大の特徴は、一本のレバーを1段押し込むとシフトアップ、2〜4段押し込むと、それに合わせて1〜3段シフトダウンするという「ダブルタップレバー」。自転車に慣れた方向けのブランドともいえるでしょう。



まとめ
国内・海外のサイクリングメーカーおよびセカイモンで人気のメーカーをまとめました。初めてスポーツバイクを購入する際は、ブランドのイメージも重要したいところです。

セカイモンであれば紹介したメーカー以外にもまだまだブランドを用意しているので、ぜひ覗いてみてください。
Cyclingの在庫を確認する

現在出品中の「サイクリングを始める前に知っておきたい各メーカーのブランドイメージ」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う