大会に挑戦しよう!

 2019-05-12 / 52 view

サイクリングに慣れ始めたら自分の実力を試してみたくなるものですね。調べてみると、サイクリングには大会があるようですが、初心者の立場からすると「大会ってなに?」と思います。

ここでは、サイクリングに慣れたらぜひ参加してほしい「自転車大会」のイロハをお伝えしましょう。
レース
順位を競い合い、勝利の感動を味わえるタイプのサイクルイベントである"レース"。何と言っても自分の実力・練習成果を試した結果が、順位という数字で現れるところに面白さがあります。レース中は自分のペースと他の人との駆け引きを繰り広げながら走るため、プロ選手さながらの気分になりますよ。

勝ち負けにこだわりすぎて無理をしないように気をつけましょう。



ロングライド
「レース」と大きく違う点は走る"目的"です。「レース」は他の人とタイムを競い合うのが目的ですが、「ロングライド」は、自分との戦いです。その言葉の通り、長距離を走って完走を目指したり、完走したタイムを楽しむイベントとなっています。

「ロングライド」に挑戦するなら、まず自分自身の目標を設定しましょう。例えば、「リタイヤしない」「何時間以内に完走」など自分の設定を達成することで、充実感を味わうことができるのです。

このイベントの特徴は、走っていて気持ちのいい道を選定しているところ。

長い道のりを景色の変わらない公道で走るのはつまらないですよね。
ロングライドは那須高原など景色と空気のいいところで開催されているので、ちょっとした旅気分も楽しめますよ。海外ですと、グアムなどでイベントが行われているので、海外の絶景コースを走れることから高い人気を得ています。



エンデューロ / ヒルクライム
チームを組み、ライダーを交代しながら制限時間内にどれだけ走れるか競い合う大会を"エンデューロ"と言います。

この大会をひとことで表すのであれば自転車の団体競技。チームメイトと交代しながら一定時間を走り、総走行距離を他チームと競い合います。

さらに、"ヒルクライム"という上り坂のみをひたすら走るイベントも大人気。乳酸が脚に溜まるかなりキツイ競技ですが、登りきったあとの達成感はなにものにも代えがたいです。

この2つの大会には共通点があります。

どちらの大会もトップグループは順位を競い合いますが、その他の参加者は完走やタイムを楽しんでいるので、さまざまなレベルの人が各々の力量に応じて走っているのです。初めてサイクルイベントに参加するビギナーでも、楽しむことができるでしょう。



大会に臨む前の心構え
大会は、ビギナーからベテランレーサーまで、様々なレベルの方が参加します。

年齢も制限を特に設けていないケースが多いため、どうしても力量に差が出るのは仕方ありませんが、無理をしてしまうとオーバーペースで体に異常が出たり、自分に余裕を持つことができなくなったりするので、非常に苦しくなります。

初心者の方は、普段通りの走りを意識しながら徐々に慣れていきましょう。

自分の力を見極めて走ることが上級者ライダーになるための近道です。

世界の大会
自転車界のワールドカップと言われる世界的に有名なサイクリングの大会"ツールドフランス"。サイクルファンの心を揺れ動かす祭典がフランスで行われています。

百万円以上する自転車を乗りこなす一流のライダーがヒルクライム・ダウンヒルを繰り返す大会はツールドフランス以外にないといっても過言ではありません。100年に及ぶ歴史と絶大な人気を誇る世界最大のサイクルロードレースをぜひ見てみましょう。



(※イメージ このような上級ライダーが走っています)

まとめ
サイクリングに慣れてきたらぜひ大会に出場してみたいですね。他の人のカスタマイズされた自転車を見ていると自分もやってみたいという衝動に駆られますよ。

ここまで来たらあなたはもう自転車の魅力に引き込まれていることでしょう。楽しいサイクリングライフを送ってください♪
Cyclingの在庫を確認する

現在出品中の「大会に挑戦しよう!」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う