釣りブームを巻き起こせ!~ブームは乗るものじゃない、作るものだ~

 2019-11-21 / 292 view

ブームの裏にマンガあり

誰しも好きなことや趣味にはきっかけがあるもの。親の影響、とか、好きなタレントさんがやっている、とか・・・。

でも、結構な確率で「漫画」から入る人もいるのではないでしょうか?

「釣り」もその一つ。



私が小さいころに田舎に帰ると、いとこの家に全巻揃っていたのが

『釣りキチ三平』。

釣りマンがの名作中の名作漫画ですね。職場で「釣りキチ三平」の話をすると、知らない人がいるので驚きました。

これはもしや、ジェネレーションギャップ・・・?!

でも、きっと、釣り好きな人は知っているはず!2008年に実写で映画化もされましたね。

主人公は「三平三平」(冗談のような名前ですが、みひらさんぺい、と読みます)。

三平少年の「んだなや~」や「うっひょー」など、東北弁丸出しで元気いっぱいな三平の口調が印象的で、小さいころにマネをしました。



こんな感じで・・・

一平じいちゃんや魚紳さん(鮎川魚紳)など、三平を囲む人たちもまた素敵で、それぞれにいろんな過去がある奥深い漫画です。実は、魚紳さんは鮎沢財閥の御曹司、とか。

小さいころに読んだ方も、是非一度読み返してみては?
個人的に好きな話はたくさんありますが、

『しくれ谷のバケモノイワナの巻』
『ハワイのブルーマーリン』
『四万十川のアカメ』

などが今も記憶に残っています。書いている私ももう一度読み返したくなりました。

最近の釣り事情
そういえば釣りマンガって『釣りキチ三平』や『釣りバカ日誌』以外他にもあるのでしょうか?



え~っと・・・

調べてみると、いくつかありますね。

『おぼこ』
『グランダー武蔵』
『釣りチチ・渚』
『釣りバカ大将』
『土佐の一本釣り』
などなど。

他にもあるようですが、正直、あまり耳にしたことがありません(すみません)。

なかなか、『釣りキチ三平』のような何十巻もあるような作品が出ないのは残念ですが、それ以上に、気になる数字が・・・。

公益財団法人日本生産性本部が発行している「レジャー白書」によると、
2011年度の釣り人口は、940万人。2010年度が1050万人だったことからすると、110万人も減っているようです。(2012年では810万人とか・・・)2001年が1690万人でしたので、釣り人口は年々減っているようですね。

実際、この数値が実際の釣り人口を表す数値なのかはさておき、余暇の時間を釣りに使う人は、年々減っているようです。が、



ここ数年、釣りが趣味の女性が多く現れて、2012年に「釣りガール」という言葉が生まれ、釣りの救世主として期待されているようです。

まなちんさん
諒子さん

あいさん

耶奈さん


でも、彼女たちは「釣りガール」なんて言われ方は迷惑なようです。皆さん、釣り歴何十年の筋金入りですからね!そういう皆さんの影響もあってか、釣具店に来店する女性が年々増えているようですね。

なので・・・、
セカイモンは「女性アングラー」を応援します!(勝手に)

さきほど、釣りが奥深く、楽しいものと紹介しましたが、やはり、釣りブームが起きるきっかけとなるものが今は無いのかもしれません。

そんな中、2015年10月、金曜8時(夜)からスタートのドラマ、あの映画で有名な『釣りバカ日誌』が放送されると話題ですね。これは、主人公の浜崎伝助の新入社員時代の話のようです。

浜崎伝助を演じるのは、濱田岳さん。

ドラマや映画、CMで大活躍の俳優さんですね。どんなドラマになるのか、釣りブームの火付け役としても期待したいものです。

新鮮なお魚がすぐソコに! ~ブームまで待てない、今日の晩御飯~


新しい釣りマンガやドラマが出てブームがきたら、釣りに行こう・・・ なんて思っていたら勿体ない!

何がきっかけで釣りにはまるかわかりませんよ。なので、とりあえずきっかけを作って釣りに出かけましょう!

釣りのきっかけは「食べたいもの」

―妻「今晩何を食べたい」
―夫「昨日は肉だったから、今日は魚かな」
―妻「でも肉しかないのよ」
―夫「(じゃあ聞くなよ・・・)」

よくある夫婦の会話です。イラッとする前に、「よし、じゃあ今から釣ってくるか」と釣りへゴー!

まず食べたい魚を考えてみましょう。「マグロ!」といった貴方。



「大きい!」

マグロを釣るのは大変なので、別の機会にしましょうか。聞こえてくるブーイングをよそに、もう少しサイズの小さい、普段の食卓にも出てきそうなものはどうでしょう?

「アジ!」

(お手本のような良い答えですね。)



(マアジです)by Cory

味が良いから「アジ」と言われるこの魚。皆さんにも割と身近な魚では無いでしょうか?

「あ~、アジが食べたいな~。よし釣りに行こう!」

いやいや、スーパーに売っているし、それに釣れるかどうかわからないし・・・、などなど、聞こえてきそうですが、気にしません!

早速、今日の晩御飯を釣りに行きましょう!

切り身は魚の一部です

「元は魚ですけど・・・」

最近、子供たちが、スーパー以外で魚を見ないせいか、「魚が切り身で泳いでいる」と思っている、なんて言われたりします。

カブトムシが死んだら、乾電池を入れたらいい、なんて話も・・・。

こんな嘘のようなホントの話。思わず、現代の便利さが嫌いになりそうです。
さて、アジはどこで釣れるのか?

「もちろん海!」



(海は広いな~♪)

・・・ですが、そうでは無くて、釣りの場所のことです。
釣りは当然、魚がいる場所ではできるわけですが、一般的に海なら「堤防」や「船」ですね。
また、初心者の方なら「海釣り公園」が足場も良く安全です。



さて、話題の「アジ」ですが、堤防や船、海釣り公園と、割と色んな場所で釣れますので、初心者の方も狙うにはもってこいですね。
じゃあ、早速釣りに行きましょう!

アジにはアジの、タイにはタイの・・・

―妻「アジは釣れた?」
―夫「ごめん、一匹も釣れなかった・・・」
―妻「もう、今日の晩御飯どうするの!」

なんてことにならないために、抑えておきましょう。

魚によって、「時期」、「釣り方(道具)」、「エサ」など考える必要があります。日本には昔から「旬」という言葉がありますが、魚も時期によって捕れるとき捕れないときがあるのです。

では、アジはいつ頃が一般的でしょうか?

アジは一年中捕れますが、一番釣れやすいのは、7月から10月です。
狙うなら今ですね~(この記事は8月に書かれています)。
他にも

「イワシ」・・・6月~11月
「サバ」・・・8月~10月(12月~3月は釣れません)
「カレイ」・・・11月~3月
「キス」・・・1月2月、5月~8月

さて、時期もピッタリなので、次は「釣り方(道具)」です。

どの魚を狙うかによって、釣り方が違います。たくさんあるので、海釣りの代表的なものだけをご紹介すると「サビキ釣り」「投げ釣り」「ルアー釣り」です。

「サビキ釣り」とは



(サビキ釣りの仕掛けの一例)

サビキ釣りは、コマセ袋の中にエサを入れて、竿を上下に動かすことで、エサが袋からあふれ、魚がその餌を食べるときに間違えて針を食べることで釣れる、というものです。たくさんの針がついているので、一度に何匹も釣れたりします。割と簡単に釣れるので初心者の方におすすめです。

ちなみに「アジ」はこのサビキ釣りで釣れます。

しかも、このサビキ釣りなら、アジだけではなく、イワシ、サバなども釣れるので、ひょっとすると、今夜のおかずは豊富になるかもしれません!

「アジの南蛮漬け」
「サバの味噌煮」
「イワシのつみれ」

急にお腹が空いてきましたね。今すぐにでも釣りに行きたくなったのでは無いですか?ほら、海が貴方を呼んでいます!

忘れ物は無いですか?
さて、最後に、釣りはなんといっても準備が大切。釣具以外に、あると便利なアイテムを紹介しましょう。

「タモ網」・・・釣れた魚を陸に上げるときに使う。
「はさみ」・・・釣り糸を切ったりするのに使う。結構大事で釣り用のはさみがあるほど。
「ハリハズシ」・・・魚が針を奥まで飲み込んでしまったときに使う。意外に結構ある。
「メゴチバサミ」・・・釣れた魚を挟む道具。初心者にはあると良いかも。
「クーラー」・・・釣った魚を保存しよう。
「氷」・・・釣った魚を保存するためにもっていこう。
「レインウエア」・・・雨だけじゃない、波しぶきをしっかりガード。
「サングラス」・・・海の照り返しは強いのでもっていきましょう。
「帽子」・・・魚を待って夢中になると気づいたら熱中症に、とならない為に。

などなど・・・。

釣りは朝早くに出ることがありますから、前日からしっかり準備をしましょう。大事なものを忘れてしまった!なんてことが起きない為にも。



「竿をわすれた~!」

釣りは素敵なコミュニケーションの場
釣りのメリットは、何も食べるだけではありません。釣りを通じて得られるものは他にもあります。

その一つが「コミュニケーション」です。そこで皆さんにご質問です。

「大切な人としっかりコミュニケーションは取れていますか?」



例えば、親子の場合、子供が小さい頃に親とのコミュニケーションがしっかり取れていると子供の知的好奇心が育つ、と言われています。

つまり、学習意欲がわく子供になるのです。

逆もまた真なりで、コミュニケーション不足は、学習面などに大きなマイナス要素にもなるようです。

そう、釣りも親子の良いコミュニケーションの場になるかもしれませんよ。



釣りはあまりしたことが無いという人にも、先ほど紹介した「海釣り公園」は釣り初心者で、家族と一緒に釣りに行きたい方におすすめです。磯釣りと違って足場がしっかりしているので、子供たちにも安全です。さらに釣り道具のレンタルもあり、食堂、トイレも完備していたりするので、恋人とのデートに釣りを考えている人にも、ハードルが低くていいかもしれません。

女性が釣りをしたくない理由に「トイレがない」というのも大きい原因の一つだそうですからね。

釣りを通じて自然とコミュニケーションが生まれ、ときに、隣の釣り人と話をして意気投合、なんてこともあるかもしれません。家族や恋人は、もちろん、一人でも楽しめる釣り。

是非、チャレンジしてみては?

食べることだけじゃなく、コミュニケーションの場としても、釣りは素晴らしい機会を与えてくれます。

そんな素晴らしい釣りのブームは今そこに来ているかもしれませんよ。いや・・・、もしかしたら、これを読んだあなたがその釣りブームの先頭にいるのかも・・・。



(『民衆を導く自由の女神』より)
この商品の在庫を確認する

釣りブームを巻き起こせ!~ブームは乗るものじゃない、作るものだ~の人気商品

の人気商品

fishingの人気商品

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う