FLHTC1 エレクトラグライド クラシック

 2019-09-12 / 108 view

エレクトラグライドクラシック
出典:http://playtoysclassiccars.com/cars/2006-harley-davidson-electra-glide-classic/

FLHTC1、マイルドな長距離ハーレー

通称“やっこカウル”が特徴的なFLHTC1 エレクトラグライド クラシック。その巨大なスクリーンで風圧を完全にカットして乗り手に風を感じさせない作りとなっている。走行時に風だけでなく虫なども全てこのウインドシールドで防ぐ事ができる。操縦性能としてはタイヤ幅はやや太く、安定性を重視した設計となっており、高速走行時には6速ミッションを採用しているので落ち着いた高速クルージングが可能。勿論高速走行時には大きなカウルによって運転による疲れも軽減してくれる。トルク感を味わいたい人には嬉しい「ツインカム96 1584ccエンジン」を搭載しており、
マイルド乗りやすく、ハーレー独特のトルク感を味わう事ができる。

エレクトラグライドクラシック2
出典:http://playtoysclassiccars.com/cars/2006-harley-davidson-electra-glide-classic/

荒れ道も熟せる優れもの

見た目が重量級だけあって峠道やコンディションが悪い道は走行できない印象を持たれがちだが、
安定性を重視した作りで多少の荒れた道なら問題なく走行する事ができ、見た目とのギャップを感じさせてくれる。安定性が高い理由は重量級を支えているエアサスペンションの存在が大きいと思われる。重量級のバイク全てに言える事だが初めて乗る際はその重さに注意しなければならない。
走行時には安定している車体も停止中などには少しでもバランスを崩すとその重みもあって立て直す事が難しいので運転にはある程度の慣れが必要なのも事実。ABS搭載により緊急時の回避能力&車体安定性も高くなっている。

ヤッコカウル
出典:http://playtoysclassiccars.com/cars/2006-harley-davidson-electra-glide-classic/

ストレスを感じさせない細かい配慮も

長距離走行を想定して作られたという事で走行時にストレスを感じさせない細かい配慮がされているのも評価できる。多機能オーディオや大容量のハードサドルバッグなど痒い所に手が届く装備で快適性も高いレベルに纏まっており、長時間の二人乗りでも快適に走行する事が出来る。サイズが大きいので保管スペースを選ぶ必要があるが、それさえクリアしてしまえば重量感を感じる走りがしたいと感じる人へFLHTC1 エレクトラグライド クラシックをオススメする。大きなカウルから少しレトロなイメージが湧く人も多いが実際に走行するとその重要性を身に染みて感じるであろう。

エレクトラグライドクラシック
出典:http://playtoysclassiccars.com/cars/2006-harley-davidson-electra-glide-classic/
このハーレーのパーツを探す

現在出品中の「FLHTC1 エレクトラグライド クラシック」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う