FXE1200 [スーパーグライド]

 2019-03-23 / 584 view


FXE1200
FXE1200の魅力とは?

VINTAGE [ビンテージ] FXE1200 [スーパーグライド]は、アメリカのオートバイを製造するハーレーダビッドソンのバイク。ハーレーダビッドソンは、FLH1200やFLH80クラシックなど数多くのオートバイを発売してきたが、その中でもスポーツモデルのトップモデルと呼ばれたのがFXE1200スーパーグライドだ。

VINTAGE [ビンテージ] FXE1200 [スーパーグライド]は、ビッグマシンの中のビッグマシンと言われ、スポーツツーリングという分野を開拓してきた画期的な存在で、カスタムスタイルのファクトリーチョッパーのルーツと呼ばれている。

スーパーグライドは、FLH1200と同じショベルヘッド、つまり空冷4ストロークOHV・Vツインで排気量1207ccのエンジンを装備。ショベルヘッドの名前の由来は、プッシュロッドとヘッドカバーの構造が大きなショベルのように見えたからと言われている。

フレームにFLHと共通のダブルクレードルタイプを装備すると共に、フロントフォークやワイヤースポーツホイールなど、軽量なスポーツスターのパーツを使用。スーパーグライドは、FXSローライダーやFXDBダイナ・スタージスが登場する1978年まで製造され、ハーレー・ラインナップを代表するファミリーとして、多くのファンから人気を集めた。
FXE1200 シート
堂々としたフォルムと美しさ

VINTAGE [ビンテージ] FXE1200 [スーパーグライド]は、FL系ビッグツインのエンジンとフレームに、XL系(スポーツスター)のフロントフォークを装備したモデルだ。FXという名称は、ハーレーダビッドソンとして初期のファクトリーカスタムモデルであることの象徴。

FXE1200スーパーグライドは、バイク本体の軽量化を実現し、旋回能力に優れたスポーティーなスタイルが特徴となっている。長距離を走っても疲れない抜群の安定感と快適さが魅力で、ハーレーならではの堂々とした威厳と美しさを感じさせる一台だ。

性能が全く違う二つのモデルをミックスさせた背景には、ビッグツインFLをスポーツスターとして楽しんだり、スポーツスターXLをビッグツイン風に乗って見たりするカスタマイズブームの到来があったと言われている。ウィリー・Gはハーレーをカスタムして楽しむライダーたちに関心を持ち、既存モデルを使った新しいバイクとして、FX1200やFXE1200などスーパーグライドの開発を実現。

FXE-1200スーパーグライドのリンタンクやエキゾーストも改造され、シートはファイバー製のワンピース型が装備。ワンピース型のシートとリアフェンダーは、以前とは異なるニューモデルだとすぐに分かる外観で、堂々としたフォルムと美しさが多くのファンから人気を集めた。

FXE1200 ペダル
ロングセラービンテージ

VINTAGE [ビンテージ] FXE1200 [スーパーグライド]は、FL系モデルのフレームに、スポーツスターXL系モデルのサスペンションをミックスさせた構造になっている。当時、カスタムを楽しむファンのニーズに敏感に応えた結果として、スーパーグライドやクルーザーという新たなラインナップが誕生した。

それまで購入していた富裕層だけはなく、バイクを改造して楽しむコアなファンたちの心をもつかんだのだ。FX-1200スーパーグライドは、途中で排気量を1200から1340に改良。当時のアメリカ政府はバイクユーザーが自分でカスタムする風潮を感じ取り、ハーレーダビッドソンにも安全確保を目的とした規制を行い始めたためだ。

1972年には左シフト、73年にはウインカーの取り付け、フレームの強化などが規定された。安全装備を増やしていくと共に車体の重量も増えることになり、より大きな馬力が必要になったため、排気量1340㏄のエンジンを搭載することになったのだ。

VINTAGE [ビンテージ] FX1200[スーパーグライド]は、シンプルさとスポーティーな走りが魅力で、古き良き時代のアメリカンスタンダードとなった。ロングセラー的なビンテージとして、ハーレーダビッドソン社の代表的なモデルとして愛され続けている。
このハーレーのパーツを探す

現在出品中の「FXE1200 [スーパーグライド]」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う