FL [ショベル]

 2019-05-13 / 341 view


FL

出典:grannys-garage.net

FL、アメリカの歴史を物語る

VINTAGE [ビンテージ] FL [ショベル]とは、ハーレーダビッドソンのFL系モデルのバイクのこと。FL系ショベルヘッドは1950年代からスポーツスターのエンジンを改良してビッグツインに搭載したスタイルで、ハーレーダビッドソン社の中で代表的なモデルとなった。エンジンの造型やハーレーらしい強烈なエンジンの鼓動感などから、多くのファンから愛され続けている。握りこぶしを意味するナックルヘッド、フライパンを意味するパンヘッドに続いて、進化してきたハーレーの第三世代OHVエンジンとしてショベルヘッドが誕生した。ショベルヘッドの名前の由来は、プッシュロッドとヘッドカバーの構造が大きなショベルのように見えたからと言われている。1945年型のVINTAGE [ビンテージ]FLは、第二次世界大戦の終わり頃に製造されたオートバイで、排気量74ci(キュービックインチ)のOHVエンジンを搭載した、スペシャルスポーツとして位置づけられた当時のフラッグシップモデルだ。第二次世界大戦の終わりを語ることのできる、アメリカの歴史とも言える貴重な存在である。

ショベルヘッドは黄金の50年代と呼ばれた好景気から一転し、アメリカ経済が不景気で苦しんでいた1966年に発売を開始し、成長する日本メーカーへの対抗策としての役割もありましたが、ハーレーダビッドソン社はAMFに買収された。

FL ペダル
こだわりぬかれたデザイン

1946年型のVINTAGE [ビンテージ]FLは、16インチタイヤが使われたモデルで、18インチタイプとは異なる威厳を感じさせる造りとなっている。デザイン性にこだわり丁寧に設計された車両で、現在の日本でも普通に走行できるだけの装備が備わった。ティアドロップ型タンクネームプレートの特徴を十二分に活かすフライトレッドのカラーリングで抜群の雰囲気を誇っている。

1947年型のVINTAGE [ビンテージ]FLは、排気量74ci(キュービックインチ)のスペシャルスポーツモデル、つまりフラッグシップモデルだ。1947年型のFLモデルでは、タンクのシフト部がストレートライン状で、「1-N-2-3-4」と前方に押すパターンが採用。サドルバッグやホイールキャップでも個性が演出されていて、タンクエンブレムがレッドボールになり、ストリームラインが強調されたデザインとなった。1958年型のVINTAGE [ビンテージ]FLは、リアショックアブソーバーを搭載したディオグライド。エンジンは冷却効果を高める目的で、ラージエリアのグレイトクーリングフィン、シリンダーヘッド、シリンダーが標準装備されている。ポリスモデルに装備されていた発電量の安定したジェネレーターや、電圧を制御するボルテージレギュレーター、リアブレーキも装備された。

FL エンジン
ハーレー史上初のOHVエンジン搭載

1959年型のVINTAGE [ビンテージ]FLは、ハイドラグライドの能力をさらに向上させたディオグライドで、威厳を感じさせるフロント周りのスタイリングが、その後のモデルにも影響を与えた。フレームにリアショックが搭載されたシルエットで、フロントフェンダーには「DUO-GLIDE」のエンブレムを装着。タンクネームプレートはアロー・フリットと呼ばれ、プラスチック製やダイキャスト製などがあり、1964年型のVINTAGE [ビンテージ]FLは、1960年代の象徴とも言えるディオグライドの最終年式モデルで、カラーグリップ、イグニッション、ステアリングヘッドなどに特徴がある。リアブレーキは油圧ブレーキのライニング幅が44mmに改良され、フロントブレーキのワイヤーもより強固に。クロスオーバーエキゾースト、サイドバッグ、シート、リアキャリアが標準装備されていて、堂々とした風貌が人気を集めてきた。

1941年型のVINTAGE [ビンテージ]FL SIDECARは、FL系バイクのサイドカーソロモデルとして発売されました。排気量を向上させたスペシャルスポーツモデルで、ハーレー史上初のOHVエンジンを搭載。性能を向上させるために74ci(キュービックインチ)で、前後16インチタイヤが採用された。ハーレーダビッドソン社のビンテージFL系モデルのバイクはシンプルさと耐久性が魅力で、古き良き時代のアメリカンスタンダードとして、ファンから愛され続けている。
このハーレーのパーツを探す

現在出品中の「FL [ショベル]」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う