FLS SOFTAIL SLIM[ソフテイルスリム]

 2019-03-22 / 463 view


FLS SOFTAIL SLIM

FLSの魅力とは?

ハーレーダビッドソンのFLS SOFTAIL SLIM [ソフテイルスリム]2016年モデルは2015年9月に発売された。全長は約2.4m 、全幅は約1m、全高は約1.1m となっており、全高が少しハーレーのバイクの中では小さめである。エンジンの総排気量は1689cc 。多くのハーレーのバイクが1400から1500cc近辺の総排気量のため、このバイクがいかに強いパワーを持つのかがわかる。メーカー希望小売価格は220万円。ハーレーのバイク価格の一種のボーダーと言われる200万円を上回っている。
Cleaner Kit

クラシックとモダンの融合

ハーレーダビッドソンのFLS ソフテイルスリム2016年式は一体どのようなバイクなのか? FLS ソフテイルスリムシリーズは1940年のカスタムボバーを踏襲したスタイリングのシリーズだ。最新のFLS ソフテイルスリム2016に式にはエアクールドハイアウトプットインカム103B エンジンを搭載しているため総排気量1689cc の大出力のパワーを感じることができる。ソフテイルシリーズといえば、全てにABS を採用していることが有名であり、このFLS ソフテイルスリム2016年式もABS をしっかりと搭載している。新しい装備としては内部配線によるハリウッドハンドルバー。チョップのフェンダーの下にスリムなリヤホイールを搭載。キャッツアイコンソールはグロスブラックでシックに仕上げ、ハーフムーンフットボードもしっかりと装備されている。ハーレーダビッドソン初期の意向というものをしっかりと感じ取れるクラシックさと今の最新技術を融合した名車だ。

ハーレーダビッドソンのFLS ソフテイルスリム2016年式を実際に手に入れたユーザーの人たちは、このバイクにどのような印象を受けているだろうか? ハーレーダビッドソンのバイクといえば、その価格ですがこのFLS ソフテイルスリムは220万円ほどの投資が必要になる。だが、その完成度と往年のハーレーファンを納得させるようなデザイン性というものが評価され、220万円するのは当然だという意見の方が多い。また、ハーレーダビッドソンのバイクの良さは何かと聞かれたらデザイン性、走行性能どれだけカスタムがしやすいのか、という点が評価されるが、この三つを手においてすべて100点満点と答える人が多い。ハーレーダビッドソンの新しいファン、往年のファンともに納得させるクオリティのFLS ソフテイルスリム2016年式。これぞハーレーダビッドソンと言える仕上がりになっている。

Footpegs

安く買ってあなた好みのカスタムを

ハーレーダビッドソンのFLS ソフテイルスリム。今回ご紹介しているのは2016年モデルだが、このソフトムスリムには様々なモデルが存在する。実際に中古市場を見てみると多く出品されているのは、2012年式から2014年式だ。金額は130万円から170万円までとピンからキリまである。なぜこのような価格の幅になっているのだろうか。
多くの場合はそのカスタム性によるところが大きい。このFLS ソフテイルスリムは多くのカスタム要素というものを秘めているため、前のオーナーが様々な点を好きなようにカスタムしている。そのカスタム費用にお金かかっているため、中古車となったとしてもある程度お金かかってしまうのである。逆にノンカスタムのものは安く売られており、ノンカスタムだと自分でカスタムするという楽しみがあるため、今からカスタムしたいという人にとっては嬉しいだろう。肝心のFLS ソフテイルスリム2016年式ですが、まだ発売されてから間もないということもあって、中古市場に見かけることはかなり少ないようだ。見かけたとしても、原価よりもちょっとだけ安いぐらいで、カスタムしている場合は原価より高くついてしまう。
このハーレーのパーツを探す

現在出品中の「FLS SOFTAIL SLIM[ソフテイルスリム]」

セカイモンとは?

セカイモンは海外の出品者から簡単に安心してモノが買えるショッピングサイトです。 セカイモンで買う